弁護士に依頼するまでの道のり

>

もしもの時に安心、弁護士に相談、依頼

心の整理、これからの準備

悩みごとは早く解決したいものです。
特に離婚問題など精神的に疲れてしまいがちな内容の相談だった場合、長引かせたくないものです。
弁護士さんを目の前にして、思っている事、要求する点など、全て完璧に言うのはとても難しいことです。
なので情報を集めて、自分でできる範囲で良いので、大事な部分をメモする事は大事です。

そして準備期間があったほうが良い理由はもう一つあります。
冷静になる時間、よく考える時間です。
これはとても大事な時間です。
間違ってはいけないのは、あくまでも自分の時間だという事。
現在の時点で弁護士に聞いてほしい事をメモすればいいのです。
相手方の情報を集めたりする必要はありません。
場合によってはマイナスな事が起きたら困るからです。

自分に合った弁護士探し

弁護士の探し方でおさえておきたい事は、弁護士の実績、得意な相談はなにかをまずチェックです。
得意な相談の内容と、実績を見比べてみるのです。
得意なのに実績がないというのは、おかしいですよね。
若い弁護士は実績がないからよくないという人が結構います。
でも本当にそうでしょうか?
こういう考え方もあります。
若い弁護士のほうが今の社会問題を勉強して弁護士になったんだから、今の時代にあった視点で物事を見てくれる。
このように弁護士への見方は様々です。
自分が今困っていることで、弁護士にどうしてもらいたいか。
考えて、そのためには自分の気持ちを整理して、気持ちを整えてから行動するのが、一番良い結果に結びつくと思います。
弁護士事務所はほとんどがホームページを、公開しています。
色々な情報を元に、相談する場所を決めてみたらいかがですか。