弁護士に依頼するまでの道のり

>

問い合わせしよう

電話で必ず聞くべき事

自分の準備ができて、相談する場所も決まったら電話してみましょう。
電話をしてある程度の説明をした後に、必ず聞いてほしいこと。
「相談方法」「初回の費用」です。
ほとんどが予約制で電話での相談は法律についての相談以外はほとんどありません。

そして、初回の料金は、無料か、定額の料金を設定している弁護士事務所がほとんどです。
最初から高額の請求をするようなところは、避けたほうがいいと思います。
もし、そのまま依頼してしまったら、とんでもない金額がかかってしまいます。
初回はほとんど依頼主がしゃべるのがほとんどなのに、高額の請求するのは信用性はうすいです。
お金を払ってお話だけ聞いてもらうだけなら、誰だってできます。
弁護士の資格を持っていないとできない仕事は、初回ではほとんどありません。
無料だからって怪しむ時代ではないのかもしれません。

予約する時の注意点

実際に会って話を聞いてもらうことになったら、確認すべきことがあります。それは、「今かけているこの電話が初回ではないか」です。
たまに初めて電話した事が初回にカウントされていて、実際に予約して会った時が2回目だと、言ってくる事があったら大変です。
そのようなことがないためにも、確認をとるべきです。

そして実際に会って話すときに、どのくらいの時間をとってくれるのかです。
これは30分と1時間ではだいぶ違ってくるからです。
話す内容、話し方も考えないと間に合わなかったときに、すごく困るからです。
話したはいいけれど、大事な話ができなかったら、まるで意味がないのです。
大事なところをわかってもらえなかったら何度会っても話が進まないです。
その為にも、時間は聞くべきです。